スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)



これからランスを始める方に伝えておきたい10のポイント

 今日はタイトルにある様に、これからランスを始めようとしている方に伝えておきたいランスの使い方を10項目のポイントにまとめてみました。ランスを始められる方への参考となれば幸いです。長めの文章になってしまったので、赤い部分だけ読むといいかもしれません。

ランス


01.前転回避が出来ない事を意識する

 ランスを使用する場合には、抜刀中は前転回避が出来ない事を意識しましょう。回避ボタンを押すとバックステップします。

 この他の武器とは違った回避パターンがランスの特徴の一つでもあります。もちろん回避にあたっての無敵時間は前転時と同時間になりますのでそこは安心してください。むしろモンスターの尻尾の回転等は横にステップして回避した方が効果的にモンスターに張り付く事が可能です。モンスターの動きをよく観察し、常に最適解となる行動が取れる様に意識しましょう。

 前転回避によってモンスターとの距離を調整していた人には注意が必要です。前転回避がスティックの方向に進む他の武器とは違い、真逆に移動するので慣れるまでは練習が必要になると思います。


02.移動は前後左右にステップで行う事を意識

 前述の回避に近い項目となりますが、急いでいる時は移動はステップで行うのが良いでしょう。ランスの抜刀時の移動速度は非常に遅く、モンスターを追いかける事も一苦労です。ランスはバックステップが3回まで連続で使える事を利用し、ステップでの移動をしてみましょう。3ステップ以上の距離がある場合は納刀して近づいても良いと思います。

 前進もステップで行う事ができます。ガードしながら前にステップを1度だけ行う事が出来ますので、チャンスにはモンスターの懐に飛び込むという戦法も可能です。
 ランスは攻撃範囲の広い武器である事も利用して、距離を考えた立ち回りを行いましょう。


03.納刀は大きく余裕を持って

 抜刀は他の武器と同様に一瞬で行えるものの、納刀状態に戻るには非常に時間がかかります。ですから、体力が少なくなっても回復薬を使うために焦って納刀するのではなく、他のオトモや仲間のハンターへ敵の照準が移っている事等、安全を確認してから納刀しましょう。

 この納刀に時間がかかる事でとどめを刺される事が、ランス使用初期には多い様に思われます。


04.回避/ガードをスタイルで選ぼう

 ガードが攻撃に直結するランスは、ガードスタイル、回避スタイルが選択可能です。どちらを選択してもランスを上手く使う事が可能ですが、スキルのバランスから言って、どちらか一方に特化した方が戦いにおいてよい結果を得る事ができるでしょう。


05.ガード性能+2は必須スキル

 もし、あなたがガードを主体とするランスであるならば、ガード性能+2は必須スキルであると言えます。他の武器を選択した時のガード性能と、ランスを使用した時のガード性能の使用感が違います。ガード性能+2を身につけたランスはのけぞりの少ない鉄壁のガードを実現します。これこそランスの真骨頂と言えるでしょう。

 ※回避ランサーを選んだ場合はこの限りではありません。他の武器と同様に回避性能スキルをお勧めします。
ブレインフォックス


06.敵の攻撃はカウンターで対応

 ランスはカウンターを使用する事で本領を発揮します。残念ながらすべての攻撃をカウンターで取る事は出来ませんが、カウンターの動作を取る事ですべての攻撃をガードする事が出来ます。ガード性能+2があれば尚の事、モンスターの攻撃をカウンターで取る事ができます。

 また、ガードは咆哮、風圧、耐震と、敵の攻撃をすべてカウンターで取る事ができます。カウンターを取る事で、敵の攻撃を反撃にして返す事が出来、手数は単にガードする場合に比べ飛躍的に増加します。多くの攻撃を反撃開始の狼煙とする事ができます。一撃は弱いランスですが、手数でモンスターを圧倒しましょう。


07.心眼による隙のない戦いを

 ランスは堅い部分に攻撃をした際に生まれる弾かれモーションが他の武器に比べ、段違いに危険にさらされます。その弾かれモーションの隙をなくすために、心眼スキルはランスにとって協力な味方になる事でしょう。また、常に敵と近距離で戦わなくてはならないランスには弾かれモーションは攻撃間の隙ともなります。ランスに慣れるまでの序盤には心眼スキルの使用をお勧めします。


08.攻撃時にボタンを連打しない

 ランスは突きを連続で3回繰り出す事ができます。しかし、その突きが慣れないうちにはボタンを連打しがちになります。しかし、ランスの良さは攻撃を繰り出している合間にも敵の攻撃をカウンターで返す事ができ、近距離で突き続ける戦闘スタイル。つねにモンスターの攻撃に対応する必要があります。そんな時、ボタンを連打してしまうと、カウンターに身構え直す事が困難となります。
 連打したい気持ちを抑え、常にカウンターや回避に体勢を変えられる様に身構える事が重要です。


09.ガード強化で鉄壁の守りに

 敵モンスターの攻撃にはガード出来ない攻撃も存在します。そんな攻撃を一気に反撃のチャンスにするのがスキル『ガード強化』です。通常であればガード出来ない=回避するしか無い攻撃が来ても、一人攻撃の前に立ちはだかり、攻撃を加える事が出来ます。また、攻撃判定の長い攻撃であっても大体においてはカウンターで取る事が出来れば(※)、その後の敵の攻撃時間は、こちらの攻撃時間に切り替える事が可能なのです。

 ※連続攻撃などは毎回攻撃判定が発生するため、カウンターを取ってしまうと、2度目以降の攻撃が被弾してしまいます。ご注意ください。


10.突進は決して決め技では無い

 ランス未経験者に多いのですが、「突進は使えるでしょ」と言われる事が多いです。しかし、管理人は、突進はあえて言うならば相手との距離を詰める際に使うというのがほぼです。確かにフィニッシュ突きは攻撃力が高いのですが、このフィニッシュ突きのあとは非常に隙が大きく、また突進中は他の味方を巻き込む事等も多く、あまり多様はしません。
 やはり、敵モンスターが倒れた際等に距離を詰める程度にとどめるのが良いと思われます。


ランスを使う上で参考にして頂ければ

ランス


 ランスを使っている方には当たり前の項目が並びましたが、以上の10点を自分の経験から書き出してみました。もし、これからランスを使ってみようとされている方の参考となれば幸いです。
 また、これを読んでランスを使ってみようと思われた方、ぜひランスの良さを味わってみてください。新しいモンスターハンターを楽しむ事が出来ると思いますよ!

 今日はこの辺で。



MH3G ブログランキングへ    MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ
関連記事

Arionです!

これから…ではなくて、いままでやってた人にも大変参考になる記事をありがとうございます!

この記事だけでもランスの基本が全てわかるような気がしました( ̄^ ̄)ゞ
たしかに自分もランスをはじめてこういうこと意識したなぁとか変わったなぁとか思うことだらけでしたので…大変勉強になりました( ´ ▽ ` )ノ

2012.06.13 13:30 Arion #- URL[EDIT]
Re: タイトルなし

自分もあまり人に教える事の出来る腕前ではないのですが、
これから始める方ならばこのくらいは・・・と言う所で文章化してみました。

参考として頂けると嬉しいです!
コメントありがとうございました!

2012.06.13 15:38 gokuroo #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

 今日はタイトルにある様に、これからランスを始めようとしている方に伝えておきたいランスの使い方を10項目のポイントにまとめてみました。ランスを始められる方への参考となれ...

2012.06.12 20:49 まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。