スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)



モンハンをもうちょっと楽しむためのスパイス【竜大戦】

 今回はモンスターハンターをもうちょっとだけ楽しく眺める事ができるようになる知識をご紹介できればと思います。知っている人には当たり前ですが、知らない方にはぜひ知っておいて欲しい世界観における+αの情報を書いてみました。


dl_n10.jpg


風化した塊の正体とは

 エンシェントプレート、封龍剣、アンドレイヤー、アーティアなど、情報の出所がわからない武器。ありますよね。出所といえばまぁ、火山なんですが。その錆た塊や、風化した武器達って、通常モンスターの素材で作成する武器に比べ、圧倒的に龍属性が強い武器じゃないですか。それってなんでだか、皆さんご存知ですか?

 実はモンスターハンターの世界では、遥か遠い過去に竜との大戦争があった・・・という話があるんです。
 その情報を物語るのが『ハンター大全G』という書籍の一枚(以下写真)

 写真_convert_20120507114923
大きさはまるでラオシャンロンサイズ。


 <画像に掲載されているテキスト『ハンター大全G』より>
  EQUAL DRAGON WEAPON
   森の中で発見された遺跡(古代の格納庫)から発見された、竜大戦時代の兵機。
   一体の竜機兵を作成するのに、成人ドラゴン30頭あまりの素材を必要とされた
   と記されている。

   その能力はまさに竜に匹敵するもので、筋力・耐久力・火力、のどれをとっても
   規格外の強さであったという。

   竜大戦時に造竜技術は頂点を極め、それと同時にドラゴンの捕獲業者(MHの祖先)
   による乱獲も激しさの一途をたどった。
   この時代をきっかけに、人類はドラゴンとの大戦争に突入し、そのまま両者滅亡
   寸前までいたった。
 <引用ここまで>

 EQUAL DRAGON WEAPON(龍に等しい兵器)と記してあります。

 モンスターハンターでは過去に竜との大戦があり多くの血が流されたようです。また画像にあるように生物創造技術(バイオテクノロジー)が存在したとされる裏設定が存在していたのです。これは衝撃ですね。
 それゆえ過去のハンター達は、竜を捕獲するために、対竜退治用の武器(龍属性の高い)を使っていたと思われます。そのため、風化した武器は龍属性を備えていると言われているようです。

 3(tri-)以前のモンハンでは、古龍として『ミラボレアス』というモンスターが登場します。その力は非常に高く、唯一管理人が一度も討伐する事なく終わってしまったモンスターです。更にそれらすべての古龍を倒すと登場する『ミラルーツ(祖龍)』という存在も。このミラルーツが竜大戦時に人と大戦したミラなのではないかととも言われています。
 これらミラの系譜が今作でのグランミラオスにつながっているであろう事も妄想しない訳には居られませんね。

 また、水没林や、旧密林などのフィールドで、過去の遺跡等を目にした方もいらっしゃるかと思います。これらの遺跡もやはりその竜大戦時に造られた建造物なのではないかと言われています。


モンハンの世界に思いを馳せる

 このような過去があったと言われてみれば、いつも何気なく戦っている水没林などにある遺跡や、火山に埋もれている龍討伐ウェポンなども、理解出来ますし、時代の変遷を感じる事ができます。
 とは言え、今現在のモンスターハンターにおいてのゲーム性に直接的な関係がある訳じゃないんですけれども。

 また、この設定画は初代モンスターハンターにあった設定らしいので、現在のモンスターハンターに適用されるかは不明ですが、グランミラオスの登場や風化した武器の登場が続いている事も考えると全く無関係という訳ではない様な気がしています。

 そんな知識をもっているだけで、今までよりもちょっとだけ魅力的になりませんか?モンスターハンター。

 今日のスパイスはいかがでしたでしょうか?今回はこの辺で。


◆ 関連Webサイト
 世界観/竜大戦時代(モンスターハンター大辞典Wiki)



MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング 

『ハンター大全G』には『ハンター大全2』が含まれていたので、大全Gは無印と2を含めた書籍のようです。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する

 今回はモンスターハンターをもうちょっとだけ楽しく眺める事ができるようになる知識をご紹介できればと思います。知っている人には当たり前ですが、知らない方にはぜひ知っておい...

2012.05.07 21:19 まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。