スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)



モンスターハンターの面白さの要因を考える vol.3 『モンハンにハマれない人たち』

 
第三回目となる今回の『モンスターハンターの面白さの要因を考える』は、『モンハンにハマれない人たち』と題し、ハマれない理由から面白さの要点をしぼっていけたらと思っています。そのハマれない理由はなんなのか?ハマっている人間が考えた2点を記していきたいと思います。


image_convert_20120419222522.jpg



ハンターの動きがモッサリしているという理由

 『モンスターハンター』のウケが悪い理由によく述べられるのが『動作のモッサリ感』という所ですね。昨今のゲームは動作が機敏なゲームが非常に多いです。『モンスターハンター』をプレイした後に『新光神話パルテナの鏡』の地上戦などをやると目が回る早さで、とてもついていけません。(『パルテナ』がつまらないという事ではなく、早いという事が言いたいだけなので表現に批判的な捉え方をされた方にはお詫びいたします。『パルテナ』は非常に楽しくプレイしていますよ!)

 新しいゲーム程テンポの早さが当たり前になってきている気がします。そうなってくると、昨今のゲームを普通に楽しんでいる人からすると、『モンスターハンター』は非常にゆっくりした動きに感じ取られ、拒否反応が出てしまうのではないでしょうか。

 しばらく前に『メトロイド アザーM』というゲームが発売されました。このゲームの制作の現場にて、こんなやり取りがあったそうです。

 ボタンを押すタイミングと『弾』が発射されるタイミングは同時でないと、ゲームとしてのテンポが悪くなってしまう。という意見と、ボタンを押すことで主人公サムスが『腕を前に突き出す仕草をしてから、射撃』をする。という、リアルになればなるほど急な動作は不自然になる。という意見がぶつかったそうです。

 確かにこの2つの意見はどちらも理解出来ます。しかし、度々言いますが昨今のゲームはこの要点において前者に偏っているように感じます。もしかしたら、ゆったりした動作のゲームデザインを行うのは、ゲームを作る上で『バクチ要素』になっているのではないでしょうか。

 逆に考えれば『人間らしいモッサリした動作』というのは『モンスターハンター』でのみ、ゲーム性への取り込みとして成功している希有な例なのかもしれません。このモッサリ感が無ければ『モンスターハンター』では無いですから。

 この動きのモッサリ感が、モンスターとの対峙において非常にスリリングな要素を生み出すアクセントになっていますから、モッサリ感で諦めた方にはゲーム内の重要な要素と考えて再度チャレンジしていただけたらと思います。

 話はややそれてしまうのですが、リアルなゲームが多くなってきた最近のゲーム業界では、この『人間らしいモッサリした動作』というものがゲームのデザインとして増えてきているようにも思えます。そういった意味で考えても『人間らしいモッサリした動作』を実現したモンスターハンターはモッサリゲーム業界でのパイオニアであったのではないでしょうか?

 そんなパイオニアはいやだ(笑)


コミュニケーション要素がからむモンスターハンター

dl_s01_convert_20120419223403.jpg


 モンスターハンターは皆で楽しめます。チーム戦は非常に楽しいものがあります。しかし、実はコレがプレイを諦めた要素になっている人もいるのではないでしょうか。 

 そう、例えば5人目のハンターとか。

 モンスターハンターは4人までは同時にプレイ出来ますが、5人目ともなると、一体感というのが少し薄れてしまいます。また、人が5人も居ればそれぞれ楽しさの要素をどこにしぼっているかが変わってきます。皆でプレイする事が楽しくてプレイしている人と、ソロでも熟練している人とではゲームの進捗に差が生まれてしまいます。

 その差に悔しい思いをしている人がいる事を最近知りました。自分の場合、ソロ専も楽しめているので一人でもどんどん先に進んでしまうのでいいのですが、モンスターハンターを一つのコミュニケーションツールとして楽しんでいる人もいるのです。そのため、ソロでプレイしている人との差が生まれ、その差に対して負けず嫌いな気持ちが、モンスターハンターを諦める理由になってしまうという事もあるそうです。

 それだけ熱中度も高く、ハンター同士の一体感も強くなるゲームなのだな、と改めて感じさせられます。

 3(tri-)Gでは、そもそもアクション性を楽しめるゲームである事を理解してもらうため、ゲーム導入の段階で、ストーリーを加えゲームとしての楽しさを再度ユーザーに提示していましたが、いかんせん『コミュニケーションツールとしてのモンスターハンター』

 『一狩りいこうぜ!』

 のイメージは大きく、そもそものアクションゲームとしての完成度が見えなくなっています。ソロアクションとしても十二分に楽しいんですよ。モンスターハンター。


ハマるまでに2週間を要した管理人


mhg05_s_convert_20120419231448.jpg


 管理人は、モンスターハンターをしっかりプレイし始めたのがWiiで発売された『モンスターハンターG』からだったのですが、この時は人からのオススメでプレイを始めました。その当時は、動きがモッサリし、アイテム選択も独特の操作性、『ランポス』一匹でも倒すのが大変と・・・全く楽しさがわかりませんでした。

 しかし、そこで諦めるのも癪だったので、頑張って2週間程続けてみてからの事です。

 『リオレウス』を初討伐した時に初めて・・・

 ハマった・・・という感触がありました。他のゲームでは味わえない満足感が味わえたのです。最初は卵運びを邪魔する強大な竜だと思っていたのに、まさか自分の手で討伐する事が出来るとは・・・

 人それぞれハマりどころが違うモンスターハンターですが、ここまで夢中になるのは何故なのかという所に気付いて欲しいです。ですから、未プレイの方、プレイ最初に諦めた方、2週間だけ・・・プレイしてみませんか?

 きっと面白くなるタイミングが訪れると思います。

 本日はちょっと湿っぽくなってしまいましたが・・・今日はこの辺で。








MH3G ブログランキングへ
関連記事

こんばんわ!つぶやきの方ではお世話になっております*
ブログのタイトルが気になって・・読ませていただきました!

ふむ・・リアリティーな動きでもっさりしてる・・。
確かにそうですね~!パルテナは未経験ですが、スマブラはあるので他のアクションゲーと比べると
もさっ!としてますね。動きだけでなく、モンスター戦も。
私も弟も「モンスターの体力ゲージがないからいつ倒れてくれるんだ!戦闘長すぎ!」って
ソロでやるとそんなふうに言ってた時代がありましたw 
gkurooさんはwiiの無印Gがお初だったんですね!
私はトライをランスで従姉妹にぺッコやらせてもらい、ランス無理!とか言って、
モンハンは難しいイメージが付いてしまいましたが、モンスターの生態とか採取とか楽しいから
3rdから本格的にハンターになり、ソロ作業も苦じゃないですw
狩りする前は中高生の厨2病ゲーとか言ってごめんなさい。と土下座したいくらい、ハマるゲームですね!
零点のおかげでランス苦手も克服できました。
3GのG3闘技場2頭クエではお世話になってますよランス。

あと、パルテナ欲しいけど踏ん切りがつかないのですが、
モンハン+スマブラと解釈しても合ってますかな?

おっと・・熱くなりすぎました・・!長文失礼致します!

2012.04.20 21:02 蒼狼 #- URL[EDIT]
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
読んでくださってありがとうございます!ちょっとネガティブな内容でしたので
公開するときにちょっと心配だったんですが、今は公開してよかったと思っています。

モッサリ感がモンスターハンターの良さ!という所に気がつくのには時間がかかりますよね。
もし、もっと俊敏に動くハンンターだったら、もう少し軽いイメージのゲームになったようにも
思います。
でもこれだけ評価されているゲームですから、みんな意外とモッサリ感が好きなんですよ!きっと!(笑)

ランスの零点はほんと万能武器になりましたね!会心の低さも目じゃない爆破属性が
とてもいい感じです。これからももっとランスのいい所を書いていければいいなぁと思っています。

モンハンはなんでこんなに面白いんでしょうね?
いまだに書ききれていない魅力が満載すぎて収集がつかない感じです(笑)

あと、パルテナなんですが、自分はオンライン対戦をやっていないので多分3割ぐらいしか
楽しめていないので、まだ評価出来かねてしまいます。オンライン対戦がものすごく評判いいので。

初見では空中戦がものすごく爽快で感動しました!なんというかスターツアーズ的な感動がありました!
きっとじっくり取り組めば、すごい面白くなると思うのですが、『モンハン』の片手間でやっているので、
いまだに操作が慣れません。

あ、これモンハンの初期症状に似てますね(笑)

お時間ありましたら、また遊びにきてください!
こちらこそ長文失礼しました!

2012.04.20 21:40 gokuroo #- URL[EDIT]
ありがたい

僕はモンハンの楽しさが分からない人間でした。 薄いストーリー、簡素な音楽。嫌いだ。やっていてつまらん。イライラしてくるぜ。 アクション面も嫌いだ。もっさりしてるし、爽快感がない。
 しかし、それ以上に、ミーハーな奴になりたくなかった、モンスターが倒せなかった。それらが一番の理由だったのかもしれない‥‥モンハン3Gの体験版をやるまでは。
 装備が一通り揃っていたからなのか、アクションの楽しさを認識することができました。ギリギリのスリリングな戦闘で、ウルルクスさえも倒せなかったけど、楽しかったです、少し意識が変わったような気がしました。
 長い前置きでしたが、ゲームの本質を自分の感情によって見抜けずにいる僕のような人間に優しく問いかける貴方の文は素晴らしいと思いました。

2013.09.02 21:58 monkey #- URL[EDIT]

ある程度の慣性と動作に時間がかからないと、なんというかボタン押したり操作するときに手ごたえが感じられない
動きの早いアクションゲームは誰がやっても同じような大味なプレイになってしまうと思う(連打するだけとか)だから飽きが早い

2014.01.06 06:30 #3/2tU3w2 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。