スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)



モンスターハンターのパーティ戦で感じた事

 本日は、先日行われた『集え、働く男女!社会人ハンター交流会』に参加して、PTの素晴らしさを思い出したので、その思いを記したいと思います。いつもよりも短文です。



大勢で狩る事

dl_w04_convert_20120417215457.jpg


 ここのところ、ブラキディオスにずっとソロで挑んでいた事もふくめ、ソロの楽しさを満喫していたのですが、やはりパーティ(以降PT)での狩りは楽しいですね。

 先日のイベントが、久々のPTであった事もあり、日々の努力がようやく公開出来る場所ができた!という感覚が管理人にはありました。

 ここしばらく練習している回避ランスで、ナルガクルガに挑んだ事はもとより、ナバルデウス亜種などは、ヘビィボウガン通常弾レベル3で挑めばかなり時間が短縮出来るなど、身につけている知識を総動員してモンスターに挑む事ができますし、それが誰かの緊急クエストのクリアのお手伝いなどになれば嬉しい事尚の事です。

 管理人は、考えてみると『麻痺』や『眠り』といった属性を持って、味方のフォローをする。というよりは、先陣きってダメージを奪う方が性に合っているのですが、パーティに一人麻痺が居るだけで、ものすごくプレイが快適になります。

 ふだんからPTでモンスターハンターを楽しんでいる方はこのようには感じる事が無いのかもしれませんが、ソロ専の時間が長ければ長い程、PTでの戦闘スタイルに我が出てしまいます。

 PTに慣れているのであれば、やはり他のハンターをフォローできるスキルや属性を身につけた状態で挑むのが本来のPTの姿なんでしょうけども。

 更にPTが久々なメンバーであった場合。それぞれが最大火力を誇る武器でPTに挑む形になりがちですが、先日、久々に相棒とPTした時の事です。アルバトリオン対策に麻痺ランスを使ってくれたため、角折り&スタンを撮る事が容易だった事を思い出します。

 やはりPT線は我を優先させずに、味方の戦い易さを優先した方が皆が気持ちいいプレイをする事ができるのだなぁと実感させられました。今後はもうすこし、我を捨てて皆の役に立てる様なプレイを心がけたいと思います。

 PTにはPTなりの装備、スキル選択が必要で、ソロではソロ専用の装備になるんだなぁ。と感じた今日でした。

 その為には、若干装備のセット数が少ない様にも感じなくもないですが。

 今日はこの辺で。



MH3G ブログランキングへ    MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

 本日は、先日行われた『集え、働く男女!社会人ハンター交流会』に参加して、PTの素晴らしさを思い出したので、その思いを記したいと思います。いつもよりも短文です。大勢で狩る

2012.07.10 07:20 まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。