スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)



モンスター生態図鑑 特別版 -アマツマガツチ-

本日は二回目となるグッズ紹介です。セレクトは『アマツマガツチ』。『モンスターハンターポータブル3rd』のじきに発売された5つの図鑑を全部集める事で完成した一品です。ですのでコレ一体だけを手に入れるのは自然と1万円越えと・・・考えるとなかなかビックリさせられるアイテムです。


アマツマガツチ1_convert_20120418214840


モンスター生態図鑑 特別版 -アマツマガツチ-

 今回は、『アマツマガツチ』のご紹介となりましたが、この『アマツマガツチ』、初見の即死バキュームで恐ろしさを見せつけられたハンターも多いのではないでしょうか。和風なイメージの強かった『ポータブル3rd』のラストでしっかり存在感を見せつけてくれたモンスターでした。

アマツマガツチ2_convert_20120418221402


背面からの写真。ひらひらが野菜みたいですね(笑)
アマツマガツチ2_5_convert_20120418221420

顔のアップ。見た目はまるで・・・
アマツマガツチ3_convert_20120418221444

あの空中をフワフワ浮いている様子はまるで・・・
アマツマガツチ4_convert_20120418221459


実はあのモンスターの生まれ変わりでは?

 実は管理人は常々、『アマツマガツチ』は『ラギアクルス』の代理役ではないかと思っています。攻撃動作や動きが非常に類似しています。以下はカプコンから発売されている『ハンター大全3』に収録されている一枚。
 

アマツマガツチ?

 ラギアクルスとアマツマガツチの中間を取った様なデザインだと思いませんか?
 また、ポータブル3rdで新登場した

 『ドボルベルク』:『ナバルデウス』巨体と二本の角が類似
 『ハプルボッカ』:『チャナガブル』球が類似し、釣りができる

 といった類似項目をあえて残している気がします。これは水中戦を取り入れられなかった3rdユーザーおよび3、(tri-)制作側への敬意の念が込められたデザインになっていたのではないかと、管理人は考えています。そう考えると自然と納得のいく登場モンスターではあったのではないでしょうか。

 最新作3(tri-)Gではラギアクルス希少種が、まるで『アマツマガツチ』を思わせる攻撃をしてきますしね!

アマツマガツチ5_convert_20120418221720


 そんな妄想を膨らませた所ですが、今日はこの辺にしておきたいと思います。
 それではまた。







MH3G ブログランキングへ
関連記事

管理者にだけ表示を許可する

本日は二回目となるグッズ紹介です。セレクトは『アマツマガツチ』。『モンスターハンターポータブル3rです。モンスター生態図鑑特別版-アマツマガツチ-今回は、『アマツマガツチ』

2012.04.18 23:01 まとめwoネタ速suru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。