カテゴリ:◆モンハングッズ紹介 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)



【超造形魂】ウラガンキン

 本日のブログは超造形魂からウラガンキンをご紹介。いまではすっかりおなじみのキャラクターになりましたが、3(トライ)では壁となった強敵でした。では、その造形を見てみましょう。


ura01.jpg


脅威!火山の鉄槌!ウラガンキン

 初登場は3(トライ)となるウラガンキン。タイトルにある様にやはり最初は脅威の的でした。とてもソロで倒せる気のしない、いわゆる壁になったモンスター。経験というのは怖いものです。今ではすっかり愛らしいキャラクターになりました。

ura02.jpg

顔のアップ。特徴的な顎です。
ura03.jpg

この顎が幾人ものハンターを地におとしめた事か・・・
ura04.jpg

裏側をチェック。どこから熱風が出るのでしょうか??
ura05.jpg


ウラガンキンといえば

 やはり最初にも書きましたが、最初の頃はかなりの脅威でした。ソロで討伐する事に必死になった記憶があります。そして討伐出来た日には・・・もう歓喜極まったものです。

 また、弟が顎プレスで必ず(といっていいほど)力つきるジンクスも生み出したモンスターです。顎のプレスをガンッ!!とやった後に「力つきました」と出るのが定番だったのが今思うと懐かしいですね。

 極小サイズの登場もセンセーショナルでした(笑)犬ほどに小さいウラガンキンをハンター4人で追いかけ回し、顎のプレスを無視していたら4人ともひっくり返る、なんて言う事もざらにありました。以外と思い出深いモンスターです。

ura06.jpg


 今日はこの辺で!




MH3G ブログランキングへ    MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ

スポンサーサイト

【超造形魂】ヤマツカミ

 本日はモンスターハンターの中でも異色を放つヤマツカミです。空を浮く!?という一種変わったモンスターです。こちらもなかなかの完成度を誇っています。

ヤマツカミ00


浮岳龍 ヤマツカミ

 モンスターハンターの中でも最上級に奇妙な容姿をしているヤマツカミ。まるでジブリのあの獣にも見えなくもない大きな口。初見は「え〜」と思ったものでした。しかし、今見てもやっぱり奇妙ですね。
ヤマツカミ02

まるでトトロの様な大きな口。
ヤマツカミ1

この背中に乗り移ってよく剥ぎ取りをしたものでした。
ヤマツカミ04

まるでタコの様な瞳。
ヤマツカミ03


ヤマツカミと言えば

 やはり初見の驚きと、一撃で力つきるあの吸引力。そしてタコの足の様に攻撃してくる触手など、すべてが規格外で、倒し方を知らなかったときは本当に大変でした。
 更に言うと、味方がダイソンにあっている中、粉塵を使うタイミングさえ逃していた。ソロで倒せたときの嬉しさと言ったらなかったですね。

ヤマツカミ05
 

 今日はこの辺で。


MH3G ブログランキングへ    MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ

【超造形魂】ラオシャンロン

 本日は超造形魂の中でも屈指のサイズを誇るラオシャンロンをご紹介。ただならぬ存在感を醸し出す古龍ラオシャンロン。今日はその完成度に迫りたいと思います。

ラオシャンロン1


巨大龍の侵攻 ラオシャンロン

 ラオシャンロン。今回の3Gで本当は復活して欲しかった古龍です。管理人的にはモンスターハンターGおよびモンスターハンターポータブル2ndGで対戦しましたが、もう一度会いたかった・・・。

ラオシャンロン2

正面から
ラオシャンロン3

更に顔のアップ
ラオシャンロン4

この造形の完成度。素晴らしいです。
ラオシャンロン5

離れて撮ってみました。
ラオシャンロン6


ラオシャンロンと言えば

 ラオシャンロンと言えば、やはりあの尻尾ですよね。最初慣れない頃は尻尾にやられた事もわからずに力つきていました。慣れてからも必死に逃げ走った記憶があります。このラオの尻尾。本気逃げで逃げてもなぜか尻尾にひかれる・・・、ちょっとトラウマな攻撃でした。

 しかし、このモンスターを4人でワイワイしながら倒すのは楽しかった・・・本当に今後の作品では出会う事は無いのでしょうか。4で出たらいいなぁ・・・

ラオシャンロン7


 今日はこの辺で!


MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング  

【超造形魂】ゲリョス

 超造形魂シリーズ第2回は、ゲリョスです。特徴的なあの頭に尻尾。小さいサイズながらも見事に再現されています。

ゲリョス1


毒の怪鳥、ゲリョス現る!

 やっぱりモンスターハンター超造形魂シリーズは完成度高いですね。躍動感がしっかり強調された素晴らしい作りになっています。

上から眺めた所。
geryo2.jpg

正面斜め上からのゲリョス。
geryo3.jpg

特徴的なのびのび尻尾。
geryo4.jpg

顔のアップ。カツンカツンと鳴る鶏冠(とさか)が特徴的。
geryo6.jpg

暴走が特徴の躍動感のある造形。
geryo8.jpg


ゲリョスといえば

 死んだふり、アイテム奪取、閃光、毒攻撃と、バリエーションの豊富な攻撃パターンをもつゲリョス。当初は知らないで近寄ってしまい、何が起きたかわからないままに力尽きたものでした。閃光も最初は回避方法がわからなくて、苦労させられたのを覚えています。

 またG級では伸縮の尻尾での攻撃追加など、他の翼竜には無い、トリッキーな動きをするゲリョス。狂走エキスを収集するには大変な相手でした。しかし、慣れてくるとそれほど怖いモンスターではなくなったのですが、堅い頭と、アイテムを取られる事には苦手意識が残ったままとなりました。

 今後の作品で出会う事はもう無いのでしょうか。できれば再戦してみたい相手ですね!


geryo9.jpg


 今日はこの辺で!


MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング  

フィギュアビルダークリエイターズモデル新作発表!

 完成度の高いフィギュアビルダーフィルダークリエイターズモデルの新作が発表されました。管理人も一つ欲しいのですが、何色がいいかな・・・。

ラギアクルス希少種


フィギュアビルダークリエイターズモデルの完成度

 フィギュアビルダークリエターズモデルと言えば、超完成度の高い、モンスターハンターのモンスターを立体化したフィギュアですが、リオレウス、ジンオウガに続いて、いよいよラギアクルスの登場です!

 以前から海竜ラギアクルス、及び白海竜ラギアクルス亜種の情報は出ていたのですが、いよいよ冥海竜ラギアクルス希少種の情報が出てきましたね!

 管理人宅では、今の所ラギアクルス亜種の購入の意欲がわいておりますが、今回のモンハン部限定の希少種の電撃発表にちょっとばかり悩ましい所です。

 ラギアクルス希少種2


  発売日は、2012年6月21日にお届け開始
  価格は8,190円(税込)

 限定品は品切れになるケースが多いので、早めの決断が必要ですね!(自分に言い聞かす)

 「白海竜 ラギアクルス亜種」は『モンスターハンター ハンターズショップ』限定での購入との事。3色どれもカッコいいからな・・・。
 本当に悩ましい・・・。

 今日はこの辺で!

◆関連ページ
購買部ラギアクルス希少種(モンハン部)



MH3G ブログランキングへ    MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ

【超造形魂】グラビモス

 さて、今回のグッズ紹介は、大人気フィギュアモデル、超造形魂からのご紹介です。さて、本シリーズ初回となる今日は、なかでもお気に入りの一品となっているグラビモスをご紹介!懐かしのあのノッシノッシ感が蘇ります。


グラビモス


鎧の覇者グラビモス

 詳細な造形、そして精巧な完成度を誇った、この『超造形魂』シリーズですが、今は『カプコンフィギュアビルダー』シリーズに移り変わったためか、続編がとんと音沙汰なくなってしまいました。しかし、当時から完成度の高かった本シリーズは今見ても色あせない完成度を誇っています。

 本日はその中からグラビモスを眺めてみましょう。

写真+2_convert_20120529182314

ちょっと拡大。
写真+3_convert_20120529182336

反対側から
写真+1+(1)_convert_20120529182402

グラビモスの顔のアップ。iPhoneではこれが限界か・・・
写真+2+(1)_convert_20120529182548

見上げた姿。かっこいい!
写真+4_convert_20120529182731

厳つい尻尾と後ろ姿。
写真+5_convert_20120529182745


 
グラビモスといえば

 幼体バサルモスが成長した姿。しかし、バサルモス、グラビモスの体の固さと言ったら、本当に涙ものでした。仕方ないのでP2G時代は双剣で腹下で鬼人斬りを繰り返す毎日。そんな手段をとらないと倒せないモンスターでしたね!
 中でも思い出深いのは、アカムトルムの生態で登場するグラビモスですね。一気にアカムトルムの引き立て役になってしまいました。可哀想な子です。


 そんな、グラビモスの紹介でした。
 あの、巨躯でゴロゴロ ころがられた日には・・・ たまったもんじゃないですね!

 今日はこの辺で!


MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング  

モンスター生態図鑑 I -ジンオウガ-

 本日は、久々となるモンスターハンターグッズ紹介。生態図鑑1からジンオウガをご紹介いたします。3rdポータブルから初出となった本モンスター、当ブログのアンケートでも人気は第1位。

ジンオウガ1


モンスター生態図鑑 I -ジンオウガ-

 モンスターハンターポータブル3rdをから初出となったジンオウガ。村のクエストを順調にこなしていった際に現れたあの時。どんなに恐怖した事か。何とも恐ろしくてシールドの裏に隠れてばかりでした。
 今となっては互角以上に戦いを制する事が出来る様にはなってきましたが、やはり油断大敵なモンスターである事は間違い有りません。そんなジンオウガフィギュアのご紹介です。

ジンオウガ俯瞰。特徴的な背中です。
ジンオウガ2

ジンオウガを下から眺めてみました。
ジンオウガ3

ジンオウガ顔のアップ。凛々しい。
ジンオウガ4

この強靭な尻尾に何度となく叩かれた事か・・・
ジンオウガ5

横から。生態図鑑シリーズ初期のためか、やや造形に難あり。
ジンオウガ6



ジンオウガといえば

 ポータブル3rdから登場したこのジンオウガ。和風な3rdにしっくりくる様に狼をイメージしたデザインにされているそうです。その姿は本ブログのアンケートにも有る様に人気の有る看板キャラクターとなりました。
 初見は本当に恐怖の対象で、あまりのアクロバティックな動きにどこからが攻撃なのかがわからない状態が続きました。しかし、良モンスターの代表格として名を連ねているジンオウガ。狩れば狩るほど攻略法が身に付くし、戦いが楽しくなる素晴らしいモンスターとなっていました。


ジンオウガ7


 今日はこの辺で。


MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング  

モンスター生態図鑑 IV -ナルガクルガ亜種-

 今回のグッズ紹介はカプコンから発売中の、モンスター生態図鑑4 -ナルガクルガ亜種-です。3rdポータブルで電撃登場しました本キャラクター。フィギュアの完成度とともに眺めていこうと思います。


ナルガクルガ01


モンスター生態図鑑 IV -ナルガクルガ亜種-

 ポータブル3rdから電撃参戦したナルガクルガ亜種です。実のところ、原種の色の方が全然いいんじゃないか?なんて最初の頃は思っていたのですが、なかなかどうして、付き合いも長くなると緑色も悪くないものですね。今日はそんなナルガクルガ亜種のフィギュア紹介です。

ナルガクルガ02

顔の正面。凛としたフェイスを再現しています。
ナルガクルガ03

ナルガと言えばこの特徴的な尻尾。痛い。
ナルガクルガ04

裏面にしてみるとティガレックスと骨格が近い事がわかります。
ナルガクルガ05

そしてもう一つの特徴である翼(ブレード)固い。
ナルガクルガ07

飛びかかった後のスタイルを再現しているみたいですね。
ナルガクルガ08

ちょっと頭が大きめな造形に感じます。
ナルガクルガ09


ナルガクルガと言えば

 ナルガクルガといえば、管理人はP2Gが初めての出会い。当時は、あまりスキルを重視した装備を作っていなかった事もあり、回避性能なしで、ナルガには挑んでいた様な気がします。ですので、回復薬をがぶ飲みしてなんとか倒せる。というレベルでした。
 しかし、P3でこのナルガクルガ亜種は回避性能を活かした無回復討伐をしたものでした。まぁ・・・ギリギリでしたが。でもこの練習があったためか、その後ナルガクルガの苦手意識はなくなりましたね。

 その時の動画。当時はまだ 武器が足らず切れ味ゲージ青ですね・・・
 今やったらもっと違う結果に成るとは思いますが・・・




 で、ナルガ原種ではなくて、なんでナルガ亜種なのかというと・・・原種のクエストだとどうしてもドスファンゴが邪魔しに入ってくるのでこちらを選んだ経緯がありますね。

ナルガクルガ10


 今回はこの辺で。


MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング  

頑張って作ったモンハンシミュレータってすごい。

 モンスターハンターを続けるモチベーションに皆さんは何を利用していますか?自分の場合は色々あるんですが、今回はその中でもモチベーション上昇率がものすごく高い『頑張って作ったモンハンシミュレータ』通称『頑シミュ』をご紹介します。

dl_n10.jpg


モチベーション向上率ナンバー1!(管理人的に)

 当ブログでも装備紹介の際に何度か取り上げさせていただいていた『頑張って作ったモンハンシミュレータ(以降『頑シミュ』)』ですが、実際にどんなものなのか?大体想像はついていると思いますが、簡単にご紹介させていただきます。画面左にあるプルダウンメニューに自分が使いたいスキルを選択します。そしてその直下にある検索ボタンを押すだけ。これだけで実際に利用可能なスキル群か、また実際にどのような装備や装飾品、護石を使えば利用が可能になるのかが一覧表示されます。

スクリーンショット(2012-05-09 13.27.14)

直感的に使える便利なツール


よく自分も、ブラキディオスにメッタメタにやられたり、越えられない壁のようなモンスターに出会ったりした時には、大概ふてくされてしまいます。そしてモンハンをやらなくなるのですが・・・そんな中、

「あ、あのスキル使ってみたらどうだろう?」

 というひらめきとともに、本ツールをいじり始めます。利用可能なスキルかどうかを確認する事で一喜一憂するんですね。このソフトの優れている所は、自分の欲しいスキルを選択した後に、他に何か付くかな?と考えている所に追加できるスキルが一覧される!というなんとも欲しい所に手の届くツールなんですね。

追加スキル検索


 もちろん手に入れていない、または手に入らない装備等を検索対象外にする機能
スクリーンショット


 その他に、持っている護石(お守り)を登録する機能、絶対使いたい防具を設定する機能など、モンハンをプレイする上で必須ツールとなっています。というか、個人的にこのツールがあると、モンスターハンターの寿命が延びます。自分で装備やスキル構成をするのも楽しいし、全身をシリーズで揃えるのも楽しいですが、このツールをつかって最善のスキル構成を見つけるのも、凄く楽しいです。そして、同スキルであってもいくつかの装備一覧が表示されます。その中からコーディネートも可能という、至れり尽くせりなこのツール。

 そしてお値段はなんと無料!(某ジャパネット風に)

 これは使わない訳には行きませんね!


当初はまったく使わなかった

 このシリーズ、実は自分は3(tri-)の時からおつきあいがあるのですが、最初の頃はこれを使ってまでスキルいるかな〜?と、ツールの存在に対して懐疑的でした。
 しかし、ノートPCを手に入れてからというもの、このツールを使い始めたら、その効果はばつぐんだ!モンスターハンターポータブル3rd、モンスターハンター3(tri-)Gは頑シミュと二人三脚となってきました。今では、ギリギリの所までスキル郡を選択するのが日課になっています。防御力を削るのか、耐性はどうか、抗菌をつけるかバイオドクターにするか、などなど、考えるだけで何故かワクワクしてきます。

 スラッシュアックス


 前述しましたが、このツールがあることで自分のモンハンライフの寿命はかなり長くなったと思います。一つのモンスターに対して、いくつものスキル群をトライしてみて、最適なスキルを選ぶ、そして戦い・・・勝利する。
 本当に最高のシチュエーションです。そのようにならない事も山ほどあるんですけども。


想像以上にお手軽なツール

 パソコンの無料ソフトウェアということで、抵抗のある方もいらっしゃっるかとは思いますが、ぜひ一度試してみる事をお勧めします。非常にお手軽でZipを解凍し「頑シミュ.jar」をクリックするだけ。インストール等は必要ありません。

 現在のバージョンでは、エスカドラXまで網羅されたほぼ完成系となっているようです。まだ未使用の方はぜひ一度お試しあれ。こんなにモチベーションの上がるソフトウェアを私は他に知りません。もうむしろモンスターハンターに標準搭載してていいのではないかと思うぐらいです。

 本当に、作者様へは頭が下がります。

 今日はこの辺で。



MH3G ブログランキングへ    MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ

モンスター生態図鑑 III -ドボルベルク-

 今回のグッズ紹介はカプコンオフィシャルブックス生態図鑑3より『ドボルベルク』です。あの巨体をフィギュア化、完成度のほどは如何に。


ドボルベルク



モンスター生態図鑑 III -ドボルベルク-

 以前にお話ししましたが、ポータブルシリーズで登場出来なかった『ナバルデウス』の替わりに登場したと個人的に思っている『ドボルベルク』です。ムロフシと愛称のついたあの横回転。厄介ですよね〜。そんな『ドボルベルク』を今回はご紹介いたします。

写真+4_convert_20120506103956

顔のアップ。
写真+5_convert_20120506104027

尻尾についているキノコも再現(笑)
写真+3_convert_20120506103919

壊せる背中のこぶ。
写真+1+(1)_convert_20120506103805

こっち見んな。
写真+2_convert_20120506103849

裏側。恐怖の尻尾がよく再現されています。
写真+3+(1)_convert_20120506103903

この尻尾がこのモンスターの象徴とも言えるでしょうか。
写真+4+(1)_convert_20120506103934



ドボルベルクと言えば

 前述していますが、ポータブルシリーズでは海のステージが追加出来ない都合上、ナバルデウスの替わりに登場したと(勝手に)思っているこのドボルベルク。
 攻撃がハンマー投げの様な横回転で、慣れるまではかなり厄介な攻撃方法をしてきますね。攻撃ので出しには回避性能+2があっても被弾してしまいます。

 また、本フィギュアの完成度ですが、コレまで紹介してきたモンスターに比べ、色の塗りや造形について、少々見劣りしてしまう完成度のように感じます。決して派手な部類のモンスターではないので、こういったフィギュアを作成する場合は、もう少し丁寧に作ってくれてもいいのにな〜と感じました。

写真+5+(1)_convert_20120506104011


  今回はこの辺で。


MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。