カテゴリ:モンハン小ネタ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)



モンスターハンターのちょっとした小ネタ ハンター大全Gより

 本日は、ハンター大全Gという書籍を読んでいて見つけた面白い2つの小ネタを紹介したいと思います。ゲーム性への後付け的なエピソードに聴こえなくもないですが、世界観を楽しむのには程よいお話かと思います。


オトモアイルーよりも危険な仕事につくアイルー


オトモアイルー

 モンスターハンターの中には、ハンターにオトモする、オトモアイルーが居るのは皆さんご存知の事かと思います。ハンターと共に冒険し危険にも立ち向かう頼もしいオトモ達ですが、実はそのアイルー達の中にはオトモ以上の危険な職場を選ぶアイルー達が居るというのです。
 
 そう、その名もハンターを荷車でキャンプまで届ける『荷車アイルー』達です。

 ハンターが倒れた際には、怒り狂ったモンスターの目前に飛び出していかなければならないという危険極まりないお仕事です。しかし、その報酬は1回につきハンターがギルドに契約した金額の3分の1が支払われるというのです。もちろん、危険なクエスト程支払額は高額になることはご承知の事かと思います。

 アイルーの中には賃金以上にスリル感が魅力でこの職に就いているアイルーも居るというのです。


 なるほど、そうなってくると1回力尽きる時に支払われている3分の1のゼニーは、あの荷車アイルー達に支払われていたのですね。そして3回目の力尽きると同時にその支払額がなくなってしまう・・・という事だったんですね。
 アイルー達に運ばれている事があまりに当たり前になりすぎて忘れていましたが・・・彼らはつねにハンター達の狩りの様子を眺め続け、力つきた際には一挙に飛び出し、ハンターをキャンプに輸送する。運び方は以外と乱暴ですが・・・。

 いつも運んでくれてありがとう!荷車アイルー達!
 

ハンター達が4人で狩りに挑む理由


ココットの村長


 かつてココット村周辺に現れた一角竜に挑んだ一人の英雄がいました。ココット村の村長がその人ではあるのですが、こんな逸話が残っています。

 彼とともにドラゴン討伐に向かった4人の仲間がいました。その4人の仲間のうち1人が戦いの最中に命を落としてしまったというのです。悲しむべき事にその1人とは、後に英雄と呼ばれる彼の婚約者だったそうです。

 彼はこの戦いを最後にハンターを引退したといいます。同時に彼が婚約者を失ったという話は、ハンターは5人以上で徒党を組むと仲間を失うという、まことしやかなジンクスを誕生させるきっかけともなりました。

 今でもハンター達が4人かそれ以下の人数で行動するのはココットの英雄に対する敬意と、かけがえの無い仲間に対する想いの現れからだと言われているそうです。


 ココット村の英雄の話は、モンスターハンターGをプレイしていた時に聞いていましたが、あの村長にこんな過去があったとは・・・
 そうなってくるとあの村長はハンターの祖とも言える存在なのではないでしょうかね。だってココットの英雄を知らずとも、今のハンター達は最大で4人で活動してますから・・・(一部クエストを除く)

 そんな悲しみの過去が4人という枠を作っていたのですね・・・知りませんでした。

 

 今回はそんな2つのエピソードをお送りしました。
 今日はこの辺で。



MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング 

『ハンター大全G』には『ハンター大全2』が含まれていたので、大全Gは無印と2を含めた書籍のようです。
スポンサーサイト

モンスターハンターにおけるダマスクシリーズとは

 モンスターハンターに登場するダマスクシリーズ、モンスターハンター上でのオリジナルかと思っていたら、ドラゴンズドグマにもダマスク装備が登場(もちろんデザインは違う)しました。では、このダマスクとはなんなのか?という所を調べてみました。


元ネタの探索

dl_n10.jpg


 まずは手っ取り早く、手元に有るハンター大全3を調べてみた。
 表記としては”ジエン・モーランやイビルジョーから採取できる入手困難な素材を用いる事で製作が可能となる、蒼黒の甲冑、古の時代に武力でこの世を制した覇王の遺産であり、これを所持する者を覇道へと導くとも伝えられている。”とのこと。具体的に元ネタが何なのかはわからず。

 ネットで調べてみたらダマスク紋様というものが出てきたが、それはあまり関係がなさそう。

 引き続き調べてみた所、どうやら”ダマスク鋼”というものが、ダマスクシリーズの基になりそうである。
 ダマスク鋼とはこういったものらしい。

 ・かつて生産されていた木目状の模様をもつ鋼素材の名称
 ・製法がはっきりしていないので伝説的・神秘的素材と思われている
 ・オリハルコン・ミスリルなどと同様の伝説または架空の存在と誤認されている
 ・古代超技術のイメージで扱われる事も多い
 ・インド、シリアのダマスカスにて加工されたためダマスクと呼ばれる
 ・中世の十字軍遠征で兵士が西洋に持ち帰りダマスカス鋼として西欧世界に知られる様になった
 ・堅く、しなやかで、しかも決して錆びないという特徴を備えていたという
 ・強度の異なる2種類の金属を混ざり合う事無く一体化させた金属
 ・現在は製法が解明されており、神秘的な扱いとしていた旧来説には否定的である

 こういった条件が入り交じり、ダマスクシリーズとして名を馳せる事になったのかもしれない。

 ※本項目はWikipediaより引用しました

モンスターハンターに採用された過程を妄想してみる

ダマスクシリーズ

 やはり一番大きいのは、オリハルコンやミスリルと同等となる幻の鋼であることが、モンスターハンターで採用された要因ではないだろうか。オリハルコンはドラゴンクエストでのロトの剣であり、ミスリルはファイナルファンタジーで有名となった素材である。では、モンスターハンターでは、という感じで決定したのではないか。

 また、二種類の素材が入り交じって完成するという要素もモンスターハンター3(tri-)では描かれている。すなわちジエン・モーランとイビルジョーという、他の武具に比べ必要となる素材がきっかり2種類とわかれている事もダマスカス鋼からヒントを得ている様に思う。(トライGでは蒼火竜、桜火竜も加わっている)

 古代超技術により作られたと言われている点についてもモンスターハンターを考えるとぴったりな素材である。

 しかし、実はダマスク鋼は現在、精製方法が解明されており、上記にあるような神秘の鋼という要素は否定されつつあるそうなのだそうだ。

 ちょっと残念。

 しかしながら、さらに調べてみるとこのダマスカス鋼(ダマスク)、ドラゴンズドグマのみならず、ファイナルファンタジー11でも採用されている素材だそうで、やはり今後もファンタジー世界の中では、第三の秘鋼として登場していきそうである。

 もちろんモンスターハンター4にも出て欲しいなぁ。

 今日はこの辺で。



MH3G ブログランキングへ    MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ

モンスターハンターのちょっとした小ネタ集

 今日は管理人が持っているモンスターハンターの隠れたトリビア的小ネタを3点程準備しました。ご存知の方には当たり前ですが、知らない方々にはぜひ「へぇ」と言って欲しい・・・という記事です。


アイルーとディアブロスの亜種について

メラルー


 知っている人は知っている、という小ネタですが、アイルーの亜種を皆さんご存知ですか?知らない方も実は既に目にしている事でしょう。ここまで言えばピンとくると思いますが、そう、あのメラルーはアイルーの亜種なんですね。野生のアイルーとは仲が良く「同胞」として一緒に生活圏を作っているそうですよ!

 言われてみれば、そりゃそうだ。という感じです。でもなんでアイルー亜種と記述せず、メラルーと別名なんですかね?

 また、ディアブロス亜種についても触れておこうかと思います。これも知っている人は(略

 そう、メスなんですね(♀)繁殖期で気性が荒くなり、警告色である黒に変色するそうです。大変危険であるととされるためギルドでは亜種に該当させているのだそうです。
 考えてみたら『お嬢様』とタイトルの付くクエストが有るくらいですから、トリビアというまでもなかったかも。そんな亜種についてのトリビアでした。


MHF初出のモンスター

dl_m06.jpg

 モンスターハンターポータブル2ndに登場した『ヒプノック』『ヴォルガノス』が居ましたよね!3(tri-)ではリストラ組に入ってしまった彼らですが、実は初出は『モンスターハンターフロンティア』なのだそうです。

 今では別の道をそれぞれに歩んで居るように見えるモンスターハンターナンバリングタイトル(ポータブル含む)とモンスターハンターフロンティアですが、当時はまだモンスターの行き来があったというケースですね。

 開発が近い関係にあった・・・ということでしょうか。

 最近では3(tri-)で採用された獣竜種、海竜種の骨格をもつモンスターがフロンティアで追加されたようですが、ラギアクルス、イビルジョー等のように同モンスターは登場せず、フロンティアはフロンティアで新規のモンスターが登場しているようです。

 これは、本当に別の道を歩んでしまっているのか・・・それともまた交わることがあるのか?
 謎は深まるばかりです。
 
 ちなみに、開発がナンバリングやポータブルは大阪がメインですが、フロンティアは東京がメインという話をどこかで聞いた様な気がします。やっぱり開発は別なんでしょうね。


アンドレイヤーの元ネタは自社コラボ

 これは有名な話では有るのですが、ランスに『アンドレイヤー』と呼ばれるランスが登場します。この武器、初出は同カプコンから発売された『ウォーザード』と呼ばれる格闘ゲームからのコラボ武器と言われています。


ウォーザード中ボスブレイド
ブレイド


 手に持つ武器名は『魔剣アンドレイヤー』なのだそうです、確かに見てみるとしっかりアンドレイヤーしてますね。しかし、当時は剣だった・・・と言う事と先端から射撃ができる事を考えるとガンランスのジェネシスじゃね?なんて事も思えますが。

 ここまでは有名な話なんですが、実はこのブレイドの姿、ピンと来る人は来ると思うんですがモノブロスから出来るモノデビルシリーズとも全くそっくりなんですね。
 モノデビルブレイド


 それもそのはずで、このモノデビルシリーズはブレイドを参考にしてデザインされたと言われています。そうなってくると、実は気になる装備がもう一つあります。
 そう、ミヅハシリーズです。

ミヅハ


 こちらもウォーザードにおけるタバサを参考にしたデザインだと言われています。
 
タバサ


 このデザインにおけるコラボレーションは、モンスターハンターディレクターである藤岡要さんによるものではないかと思っています。もともと藤岡要さんが、ウォーザードにおいてデザイナーをやられていた関係で、こういった自社コラボが可能になったのではないかと、管理人は思っています。なかなか面白いアイデアですよね!

 さて、3点のトリビア的な小ネタ紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。

 今日はこの辺で。


MH3G ブログランキングへ    MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ

モンハンをもうちょっと楽しむためのスパイス【竜大戦】

 今回はモンスターハンターをもうちょっとだけ楽しく眺める事ができるようになる知識をご紹介できればと思います。知っている人には当たり前ですが、知らない方にはぜひ知っておいて欲しい世界観における+αの情報を書いてみました。


dl_n10.jpg


風化した塊の正体とは

 エンシェントプレート、封龍剣、アンドレイヤー、アーティアなど、情報の出所がわからない武器。ありますよね。出所といえばまぁ、火山なんですが。その錆た塊や、風化した武器達って、通常モンスターの素材で作成する武器に比べ、圧倒的に龍属性が強い武器じゃないですか。それってなんでだか、皆さんご存知ですか?

 実はモンスターハンターの世界では、遥か遠い過去に竜との大戦争があった・・・という話があるんです。
 その情報を物語るのが『ハンター大全G』という書籍の一枚(以下写真)

 写真_convert_20120507114923
大きさはまるでラオシャンロンサイズ。


 <画像に掲載されているテキスト『ハンター大全G』より>
  EQUAL DRAGON WEAPON
   森の中で発見された遺跡(古代の格納庫)から発見された、竜大戦時代の兵機。
   一体の竜機兵を作成するのに、成人ドラゴン30頭あまりの素材を必要とされた
   と記されている。

   その能力はまさに竜に匹敵するもので、筋力・耐久力・火力、のどれをとっても
   規格外の強さであったという。

   竜大戦時に造竜技術は頂点を極め、それと同時にドラゴンの捕獲業者(MHの祖先)
   による乱獲も激しさの一途をたどった。
   この時代をきっかけに、人類はドラゴンとの大戦争に突入し、そのまま両者滅亡
   寸前までいたった。
 <引用ここまで>

 EQUAL DRAGON WEAPON(龍に等しい兵器)と記してあります。

 モンスターハンターでは過去に竜との大戦があり多くの血が流されたようです。また画像にあるように生物創造技術(バイオテクノロジー)が存在したとされる裏設定が存在していたのです。これは衝撃ですね。
 それゆえ過去のハンター達は、竜を捕獲するために、対竜退治用の武器(龍属性の高い)を使っていたと思われます。そのため、風化した武器は龍属性を備えていると言われているようです。

 3(tri-)以前のモンハンでは、古龍として『ミラボレアス』というモンスターが登場します。その力は非常に高く、唯一管理人が一度も討伐する事なく終わってしまったモンスターです。更にそれらすべての古龍を倒すと登場する『ミラルーツ(祖龍)』という存在も。このミラルーツが竜大戦時に人と大戦したミラなのではないかととも言われています。
 これらミラの系譜が今作でのグランミラオスにつながっているであろう事も妄想しない訳には居られませんね。

 また、水没林や、旧密林などのフィールドで、過去の遺跡等を目にした方もいらっしゃるかと思います。これらの遺跡もやはりその竜大戦時に造られた建造物なのではないかと言われています。


モンハンの世界に思いを馳せる

 このような過去があったと言われてみれば、いつも何気なく戦っている水没林などにある遺跡や、火山に埋もれている龍討伐ウェポンなども、理解出来ますし、時代の変遷を感じる事ができます。
 とは言え、今現在のモンスターハンターにおいてのゲーム性に直接的な関係がある訳じゃないんですけれども。

 また、この設定画は初代モンスターハンターにあった設定らしいので、現在のモンスターハンターに適用されるかは不明ですが、グランミラオスの登場や風化した武器の登場が続いている事も考えると全く無関係という訳ではない様な気がしています。

 そんな知識をもっているだけで、今までよりもちょっとだけ魅力的になりませんか?モンスターハンター。

 今日のスパイスはいかがでしたでしょうか?今回はこの辺で。


◆ 関連Webサイト
 世界観/竜大戦時代(モンスターハンター大辞典Wiki)



MH3G ブログランキングへ   MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキング 

『ハンター大全G』には『ハンター大全2』が含まれていたので、大全Gは無印と2を含めた書籍のようです。

人気の武器を調査してみた【ランキング】

 ネットで拾った以下の画像では、ランスが人気圏外という衝撃の結果となっていた。ランサーとしてはコレは納得がいかない。というわけで自分のすれ違いで収集したギルドカードから実際にどの程度ランスが使われているか、また、どの武器が人気があるのかを調べてみた。

写真 (12)


対象は自分のギルドカードリスト

mhp3rd_dl_w04_convert_20120503114729_convert_20120503114951.jpg

 これまでギルドカードリストに保存されている対象人数は54名(自分含む)人数が少なく感じるのは、HR50以下のギルドカードは削除しているからである。
 また、管理人の移動範囲(すれ違いの範囲)は関東首都圏内になっているので、その中での結果となる。地域別に調べたらまた違うのかな・・・?

 一枚一枚調べて、武器の利用回数を総合した所以下のようになった。また順番は利用回数順番に並び替えているので、必然的に人気ランキングになっている。

  1位:大剣:10,897回
  2位:太刀:8,037回
  3位:双剣:6,673回
  4位:ハンマー:5,368回
  5位:ガンランス:3,853回
  6位:スラッシュアックス:3,390回
  7位:片手剣:2,782回
  8位:弓:2,681回
  9位:ランス:2,618回
  10位:ヘビィボウガン:2,520回
  11位:狩猟笛:1,648回
  12位:ライトボウガン:1,019回

 やはりモンスターハンターを語る上で外せない大剣が1位。そして人気の太刀も2位と、力強い武器が上位にランクイン。個人的に双剣が3位というのは意外だった。そのあとも力強い武器ハンマー、ガンランス、スラッシュアックスと続く。7位の片手剣はやはり炭坑夫的な扱いかもしれない。そして9位にランス。

 ガンナーは下位を独占。もっと人気があると思ったのだが。G級ではサポートガンナーが今ひとつ力不足な事が最下位な原因か。

 それから、みんな狩猟笛の楽しさが判ってないと思った。やりだすと面白いんだけどな〜。


メイン武器ランキング

mhp3rd_dl_w10_convert_20120503114920.jpg

 さて、続いてメインの武器に何を使用しているかを併せて表記していく。これは利用回数の一番多い武器を勝手にメイン武器であろうと判断したものであり、本当のメインかどうかは判らないということも了承いただきたい。

 1位:大剣:15人
 2位:太刀:9人
 3位:双剣:8人
 4位:ハンマー、ガンランス:4人
 6位:片手剣、ランス、スラッシュアックス、ヘビィボウガン:3人
 10位:狩猟笛、弓:1人
 12位:ライトボウガン:0人

 利用回数に引きずられるところはあるので、それほど大きく変動は無いが、ライトボウガンをメインに使用しているHR50以上の人が一人もいなかった事には驚いた。恐らく3rdであればもうちょっと違った結果になるのだろうなぁと思うのだが。

 思った以上に皆大剣が好きなのだなぁという所が今回の結果から得られた所である。
 一番最初に紹介した画像は3rdでの武器だったので、今回の結果は3(tri-)Gである事もあり、スラッシュアックスの人気が下がったかな?という印象。逆に双剣が多くランクアップした印象だ。もっとも今回の調査では一人の人が多く利用していればその数がそのまま反映されるので、本当の人気投票とはやや違った計算にはなるのだが。
 そういった意味では実働している武器のランキング・・・とした方がしっくりくるかもしれない。

 で、結果として判ったのは。

 ランスって地味じゃね?

 っていうか・・・力強さが不足という所なのかなぁ。

 ランス面白いんだけどなぁ。

 今日はこの辺で。


=追記=
 本ブログ上でもオンライン投票をやっています。ぜひ投票してみてください!

=追記=
 ランスと弓の順位が間違っていたので訂正しました。ランスがまた一つ下に・・・



MH3G・攻略ブログMH3G・攻略ブログ ランキングへ  MH3G ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。